2016年7月21日木曜日

『IN柳川』

 
 
山鹿事業所 7月の日中活動は
 
 
少し遠出をして福岡県柳川市に行って参りました。
 
 
 



 
まず柳川に到着すると鰻が有名な

“若松屋”さんにお邪魔して 

せいろ蒸しを頂きましたっ(^^)






秘伝のたれがご飯に染みており

香りも良く、うまさと満足感で

お腹も満たされました♪






はい!完食~(゜〇゜)

 
 うなぎ料理に舌つづみをしたあとは、、、

 





 
“松月乗船場”さんにお邪魔しました♪






船頭さんのお話しと素敵な歌を聞きながら、



 どんこ舟で40分間の遊覧を満喫させて頂きました。

 
 
 
 
 
この橋は柳川城郭の橋の中で一番、狭く古い
 
※弥兵衛門橋(やへえもんばし)
 
慶長十年(1605年)にかけられたそうです。
 
 

 
 
低い位置から見る景色はとても綺麗で
 
両側にある木々が緑のトンネルのようでした。
 

 
 
 
 
 
途中で亀さんにも対面しゆっくり和ませてもらいました。



 
 

柳川では病や不幸な事がある際に
 
「カッパがいたずらしている」という
 
言い伝えがあるそうで、松月乗船場さんの
 
法被の背中には大きなカッパのイラストが
 
印刷してありました!!
 
 


 
今回の日中活動は利用者の皆様にも大変好評で
 
日々の労を労えた活動になり嬉しく思います。
 
 
また、お世話になった若松屋さん松月乗船場の皆様
 
には臨機応変に対応して頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
 





 


0 件のコメント:

コメントを投稿